青汁の注意点

一番美味しい青汁は?

青汁は非常に栄養価が高く、飲めば誰でも健康になれるようなイメージがあるかもしれませんが、実は青汁を飲んではいけない人もいます。
それはすでに他の疾患を持っている人で、投薬治療を受けている人です。
基本的に健康食品や健康飲料は、青汁に限らず主治医に相談が必要なものです。
普通の食事として得る成分よりも、数100倍もの濃度で一気に摂取することになる成分もあるわけですから、身体に大きなトラブルが発生してしまう危険性があるのです。
凝縮された栄養素は時として毒にもなるということは、青汁に限らず必ず認識しておくべきことです。

・ワーファリン服用者

青汁にはビタミンKが多く含まれます。
ビタミンKは食品にも微量含まれるものですが、一度に大量に摂取すると、熱が出たり、呼吸困難になったりする場合もあり危険です。

・腎臓の疾患のある人

透析をしている人はもちろん、腎臓の機能が低下している人は病状を悪化させてしまう可能性があります。
青汁に大量に含まれるカリウムやリン、ビタミンAは腎臓のはたらきによって体外へ排泄されますが、機能が低下しているとうまく排泄出来ず体内に溜まって高カリウム血症という病気が発生してしまう場合があります。
嘔吐や手足のしびれ、動悸や不整脈、血圧の急な低下などがあった場合は危険ですので飲むのをやめ、主治医を受診してください。
腎臓の機能低下は自覚症状がないため、それまで認識がなかったとしてもそのようなおかしな不調を感じたらすぐに病院を受診すべきです。

・青汁は治療薬ではない

青汁を飲んでいれば病気が治るわけではありません。
疾患があるなら病院に行かなければ治りませんし、青汁が病院の代わりにはなりません。
青汁が出来るのは、健康な人が健康でいるために病気の予防線を張ることだけ。
なんでも青汁頼みにするのは間違いです。

また、青汁には食物繊維がたくさん含まれますので、水分補給の完全な代替え品にはなりません。
暑い時や汗をかいた時にはきちんと他に水分を摂取する必要がありますし、青汁だけでは脱水症状になってしまう可能性もあります。