青汁の種類~桑の葉プラス

青汁にもたくさんの種類がありますが、その中には青汁に桑の葉を加えた種類があります。
桑の葉は単独でも漢方になったり、健康茶になったりする優れた作用がありますので、桑の葉入りの青汁にはどんな作用がプラスされるのか調べてみましょう。

・桑の葉の成分

一番美味しい青汁は?

桑の葉は、木の状態でも見たことがある人も多いと思いますが、緑色の葉がとてもキレイな落葉樹ですね。
蚕を育てる時のエサとして古くから栽培されてきましたが、そのころからお茶としても飲まれていたことがわかっています。
桑の葉には、ビタミン、ミネラル、鉄、ポリフェノール、カロチンなどが豊富に含まれますが、葉だけではなく根や実、枝、皮までもが漢方薬の原料となるなど、非常に重宝する植物です。
主に高血圧症の改善に利用されたり、コレステロール値を下げるために利用されたりするもので、生活習慣病の予防にも高い効果が期待出来ます。

・桑の葉の効果効能

桑の葉は、薬草やお茶として糖尿病の予防や、血糖値が食後に急激に上がってしまうことを抑制する作用、血圧の高い人のための改善、血中の中性脂肪値を下げる作用、悪玉コレステロール値を下げる効果、腸内環境を改善して便秘を解消する効果、肝臓や腎臓の機能改善などの効果効能で知られています。
最近ではダイエットのためにも桑の葉茶が飲まれているようですね。

・桑の葉プラス青汁

桑の葉自体に強い味や臭みなどがなく、クセがあまりないために合わせやすい原材料と言えます。
中性脂肪値を下げる効果が期待出来るので、より健康面に特化した青汁となるでしょう。
桑の葉が入っている青汁は比較的多く、味が整うと評判です。
飲みやすいためにお茶としての普段使いがされやすい青汁になるでしょう。
特に桑の葉は、血糖値の上昇を抑えてくれるはたらきがありますので、食事前や食事中に飲むとより効果が発揮出来るでしょう。
どうせならそれぞれ単体で飲むよりも、一緒に配合された青汁を飲むことで理想的な栄養補給飲料にすることが出来ます。