青汁の種類~緑茶プラス

一番美味しい青汁は?

青汁に緑茶が入ったものもあります。
ケールを主原料とした青汁が多いので、苦味や青臭さがどうしても気になる時に、緑茶を入れることで緩和する効果があります。
スッキリしますし、そもそも緑茶には高い健康効果がありますので、組み合わせとしてはかなり理想的ですね。
緑茶入りの青汁について調べてみましょう。

・緑茶の成分

緑茶には、とても有用な成分がたくさん含まれています。
まず渋みの成分でもあるカテキン、カフェイン、旨味の成分でもあるテアニン、ビタミンC,ビタミンB2、葉酸、ベータカロチン、ビタミンE、サポニン、フッ素、γ-アミノ酪酸(GABA)、カリウム、カルシウム、リン、マンガン、クロロフィルなどなど。
これらの成分にはそれぞれ人間の身体にとても有効なはたらきがあることがわかっています。
緑茶をまるごといただける抹茶の状態にすると、更に効果が期待出来ますよね。
青汁にも抹茶が配合されているものが多く存在しています。

・緑茶の効果

緑茶は古くから親しまれてきただけのことはあり、その効果は本当に多種多様です。
主成分でもあるカテキンには、血中のコレステロール値を低下させる作用、体脂肪を低下させる作用、抗酸化作用、虫歯の予防作用、抗菌作用、抗インフルエンザ作用、血圧が上昇するのを抑制する作用、血糖値が上昇するのを抑制する作用、口臭の予防、脱臭作用などがあります。
旨味成分でもあるテアニンには、神経細胞を保護する作用やリラックス効果を与える作用、血圧を低下させる作用などがあり、緑茶を飲むと脳波の中でリラックスを表すアルファ波が出ることも分かっています。
その他の成分にも多種多様な効果があります。

・緑茶プラス青汁

やはり青汁の飲みにくさを大幅に緩和してくれるのが緑茶の大きなチカラでしょう。
爽やかな飲みくちで、日本人に受け入れやすい味わいにしてくれる効果が一番高いです。
お互いがお互いの栄養価を高め、良いところを引き出し合うとてもよい相性です。
青汁が抵抗無く飲めるようになったのには、緑茶のサポートがあったわけですね。