青汁の種類~豆乳プラス

豆乳と青汁の組み合わせも、女性から人気が出てきています。
豆乳はそもそも美肌のためにとても良い大豆成分の宝庫ですから、肌の美しさを求める人には欠かせない飲み物になるでしょう。

・豆乳の成分

一番美味しい青汁は?

豆乳は知っていても、あまり詳しくは理解していない人もいるかもしれませんね。
豆乳は、大豆から作られるのですが、豆腐を作る過程で固める前に乳液状のまま製品化したものです。
大昔の豆乳は青臭く、えぐみが強いためにそのまま飲むことは一般的には避けられてきました。
まるで青汁のようですね。
長年の味の研究によって美味しい豆乳が生み出され、今ではスイーツになるほど昇華された食品です。
含まれる成分は、大豆たんぱく、大豆イソフラボン、レシチン、サポニンなどで、それぞれとても良い効果を持っています。

・大豆の効果効能

大豆たんぱく、レシチンは肥満防止と動脈硬化予防の作用が期待されます。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たはたらきを持ち、美肌と骨粗鬆症の予防などに効果が期待されなす。
サポニンは、脳の老化が予防出来るのではということで注目されていますね。
全体的に生活習慣病の予防、老化の予防、女性の更年期障害対策など、若い身体を保つための要素が多く含まれている食材です。

また、牛乳の飲めない体質の人にも豆乳は問題なく受け容れられるので、牛乳が飲めない子どもにも安心して飲ませることが出来るのが豆乳です。
おやつなどにも使われたり、手軽に栄養価の高いものを摂取出来るので常備している家庭も多いですね。

・豆乳プラス青汁

一番美味しい青汁は?

青汁がのみにくい頃に、なんとかして健康成分を保ったまま飲みやすく出来ないかと試行錯誤された中で、豆乳と合わせるという手法が生み出されたようですね。
レモンやはちみつなどとも相性が良く、さわやかでしかも足りない栄養素がプラスされるということで、理想的なバランスになります。
特に豆乳は女性からの支持が高いですから、青汁が女性に受け入れられやすくなったことにも関係しているでしょう。
美味しく美容にも良いとなれば嬉しい限りです。
また、小さな子どもにも安心して飲ませられるので、家族で豆乳入り青汁を毎日飲んでいるという人もいます。